アニメーションを制作することによるメリットとデメリット

アニメーションとは、架空のものを表現したものです。原画から1枚1枚少しずつ異なる絵を連続させて表現する従来の制作方法や、オブジェクトと言うイラストデータを作って動きを開始する場所と終了する場所を設定するキーフレームによるものなど幾つかの手法がありますが、どの手法でも架空のものを表現することには変わりがありません。その一方で実写ではストーリーに従って役者に演じてもらう方式やテーマに従って物語を組み立てる方法、テーマに合わせたクイズやディスカッション、解説などを織り交ぜる方式など色々な方法があります。しかし、どの場合でも実写は被写体が存在するものです。架空のものを表現したものと被写体が存在するものという違いで、それぞれの制作方法によってメリットとデメリットが発生します。

架空のものを表現する映像を制作するメリット

実写の映像では背景に映っているものや人の細かい表情など、視聴者に入り込んでくる情報が必要以上に増えてしまいます。その一方でアニメーションでは視聴者に与える情報を抽象化したり制限したりすることが可能なので、伝えたい情報を絞り込んだ上で伝えることが可能です。中でも形がないサービスや、Eラーニング向けの研修動画などは実写映像で説明しようとすると退屈で長い映像に仕上がりやすくなります。随所でアニメーションを取り入れて伝えたいことを整理することにより、映像の品質を高めることが可能です。そして現実には表現することが出来ない壁を歩いたり空を飛んだりするような描写をすることが出来たり、人の気持ちなど伝わりやすく表現することが出来ます。また数字や時間などの情報の映像で表現することも可能です。

架空のものを表現する映像を制作するデメリット

アニメーションは映像の長さやシーンの数、動きが複雑かどうかなどによって費用が大幅に変わってきます。映像の長さやシーンの数が増えると、その分アニメーターの編集作業やイラストレーターのグラフィック作成作業が多くなることを意味するのです。ですので、学習教材や研修動画などに長時間の複雑な映像を作成するときには非常が膨れ上がる可能性があります。また色々な表現ができる一方で、全てが架空のものなので事実やリアリティを伝えたい場合に適していない場合が少なくありません。例えば景色の綺麗さや商品の形状を伝えたかったり、スタッフの活き活きした姿や人柄を伝えたいときなどには適していない場合があります。商品や登場人物などの外観や雰囲気が、映像の大切な要素なときには実写の方が向いているのです。