アニメーションを制作していくステップを紹介

アニメーションといってもさまざまな種類があり、ひとつのドラマとして作るものや単にスポット的なコマーシャルとして作られるものなどがあります。目的が何にしても、アニメーションを作る場合には、ひとつの作品を作り上げるといった意味では種類に違いはありません。しかし、発注して目的の作品を作るためには、発注者もその制作の流れを理解しておき、適切な指示を出すことが必要です。作り手にとっては発注を受けて作ることになりますが正しい指示がなければ、目的としているものを作ることは困難です。それに制作そのものはスピーディーかつスムーズに行えることが費用を抑える意味でも有益なことで無理な納期を強要せず、かつ無駄に時間をかけて長く作らないことも良い作品を作る上では欠かせません。

アニメーションを制作していくステップ

まずは企画を行い、目的を明確にすることからスタートします。この時点で十分に検討を行い、また可能であれば作り手を取り入れることも重要です。発注する側にノウハウがある人が居れば、時間や費用などを知ることができ、予算の中で作ることができる作品の質を知ることができます。企画書を作成し、それを元にして脚本や絵コンテを作り、それを元にして作品を作ることになりますが、短時間の作品であれば絵コンテだけで済ませることもありますし、責任者である監督が自ら作ることもあります。ある程度の長さの作品になると分業しなければなりませんから、監督の役割はスタッフが作るものを確認するのが仕事です。またアニメーションは絵だけでなく音楽や効果音、またセリフを吹き込むといったことも費用なケースもあります。

作品を制作するのに掛かる日数は?

作品の長さによって作るのにかかる時間は変わってきます。テレビなどで放映されている30分の場合には1話あたりの費用が1,300万円と言われ、脚本が出来てから最低でも1ヶ月、一般的には3ヶ月程度は必要です。このため毎週放送するためには事前にストックしておいたり、また多数のスタッフを雇って作ることになります。複数のスタッフが作業に携わるため、作品の統一感を出すためには企画段階で入念に作品について仕上げておくことが作品の良し悪しに関わります。一方でスポット的に利用される数分程度のコマーシャル程度のものであれば、1ヶ月程度で作ることが可能ですが、特に短い時間内で伝えることを表現しなければなりません。なお、企画に関しても3ヶ月程度ですが、話が早ければ1ヶ月程度で通るものもあれば、数年かけて通るものもあるなど作品によって異なってきます。